2015.9.4.fri.

インバウンド施策、宝島社が書店で「5カ国語POP」を設置

 宝島社は、訪日外国人の増加を受け、インバウンド需要を狙った「ファッション雑誌用 5カ国語店頭POP」を9月7日から開始する。同POPに使用するのは、中国語・韓国語・英語・フランス語・日本語。第1弾の対象誌は、30代女性向けのファッション雑誌「InRed」(インレッド)10月号で、同日から外国人観光客とのタッチポイントになる羽田、成田などの国際空港や主要都市のターミナル駅、家電量販店などにある22店舗の書店で実施する。

 同社は、10誌のファッション雑誌を刊行。2004年から毎号、全ての雑誌に人気ブランドとコラボしたバッグやポーチなどの付録を付けている。ファッションブランドのアイテムが近くの書店・コンビニエンスストアで1000円以内という手頃な価格で手に入るなど、好評を得ている。また、ファッション雑誌の編集部が企画制作を行うため、トレンドを反映した柄やデザインになっている。従来も成田空港の書店や海外の紀伊國屋書店で購入する外国人のユーザーも多く、中には土産やプレゼントとして10冊まとめ買いする人もいるという。


「グローバルワーク」がVRを導入、最新のファッションショーを体験

2017.10.23.mon.

合同展「PR01. TRADE SHOW TOKYO」に70ブランド参加、デザイン性の高いアイテムが人気

2017.10.22.sun.

デザイナー海外支援事業「TOKYO FASHION AWARD」にソーイ、ディガウェルなど6組を選出

2017.10.22.sun.

DHLの支援を受けた「ディスカバード」がコラボグッズを制作

2017.10.21.sat.

SCEDULE


DUBAI

ARAB FASHION WEEK

2017.11.15.wed. ‐ 2017.11.19.sun.