2017.4.9.sun.

ボーダーレスで開眼、「ターク」の猥雑な魅力 17-18年東コレ回顧

 年齢や国籍がバラバラなモデルを配し、2017-18年秋冬コレクションを披露した「ターク」(TAAKK)。ホール通路でのゲリラショーという形態を取ったが、目立ったのはウィメンズウエアの完成度だった。フォーマルライクなドレスやスカートなどを展開しており、ヴィンテージ感を盛り込んだスタイルが特徴になっている。

 同ブランドはメンズウエアが主力で、ユナイテッドアローズなどに取引先を有している。ウィメンズは17年春夏シーズンから販売し、限られた店舗に卸している。当時、森川拓野デザイナーは「周囲からの要望でウィメンズウエアを制作した。評判が良ければ型数を増やしたい」と語っている。元々、スパングルやビーズ使い、ジャカード織りをメンズウエアに採用し、装飾的なウエアを得意としていた。こうした背景をウィメンズに反映させた格好だ。

 モデルのパーソナリティに焦点を当てたことで、性差やジャンルの垣根を超えたボーダーレスな構成になっている。無国籍とも表現できるコレクションは、様々な人種が往来する近年の「東京」を想起させる。ニードルパンチやデニムのパッチワーク、鈍く光るハンドワークの刺繍といったディテールをミックスすると、ジャケットやパンツは猥雑な雰囲気を醸し出す。もしかすると、洗練よりも猥雑を好むデザイナーなのかも知れない。





「ターク」2017-18年秋冬コレクション


DHLの支援を受けた「ディスカバード」がコラボグッズを制作

2017.10.21.sat.

次世代のモデルが 「アマゾン ファッション ウィーク東京」に登場、冨永愛も応援

2017.10.20.fri.

第13回「DHLデザイナーアワード」に「ファイブノット」の鬼澤瑛菜、西野岳人を選出

2017.10.20.fri.

「ネ・ネット」2018年春夏コレクション、大人のカジュアルが充実

2017.10.19.thu.

SCEDULE


DUBAI

ARAB FASHION WEEK

2017.11.15.wed. ‐ 2017.11.19.sun.