2017.4.14.fri.

老舗百貨店の看板を下ろした商業施設「ギンザ シックス」の強みとは?

 松坂屋銀座店跡地に竣工した銀座エリア最大の複合商業施設「ギンザ シックス」(GINZA SIX)が14日、報道陣に公開された。老舗百貨店の看板を下ろし、ラグジュアリー・ショッピングモールとして生まれ変わった。約4万7000平方メートルの商業施設には、計241店舗が入居。うち半数以上の121店舗が旗艦店を構えた。全面開業は20日。

「ギンザ シックス」の外観



 商業施設の核となるのが、銀座中央通りに面したラグジュアリーブランドの旗艦店。「フェンディ」「ディオール」「ヴァレンティノ」「ヴァン クリーフ & アーペル」「サンローラン」「セリーヌ」の6ブランドがメゾネット型で大型店を開設する。なお「ディオール」「セリーヌ」は世界最大規模の旗艦店になるという。また、アート本を充実させた「銀座 蔦屋書店」が大型店を構え、そのほかにもアパレル、アクセサリー、ライフスタイル系の新業態が出店する。

銀座 蔦屋書店



 施設中央の吹き抜け空間では、草間彌生のカボチャバルーンを吊り下げるなど、感性を刺激するパブリックアートを展開。サービス面では、上顧客専用の特別ラウンジを設け、コンシェルジュ機能を軸としたプレミアムサービスを提供する。さらに訪日外国人を想定した観光バスの乗降場、外貨両替などのツーリストサービスセンターも設置した。

草間彌生の新作インスタレーション



 竣工したビルは地上13階、地下6階で、延べ床面積は約15万平方メートル。商業施設は地下2階〜地上6階と13階の一部になる。7階以上はオフィスも入居する。同施設は、J.フロント リテイリング、森ビル、LVMHグループのLキャタルトン リアルエステート、住友商事の4社が運営。初年度は約2000万人の来館者を計画している。

パルコが若手デザイナーのファッションショーを側面から支援、4ブランドが対象に

2017.10.7.sat.

アマゾンの独自プログラム「アット トーキョー」に、「サカイ」「アンダーカバー」などが参加

2017.9.22.fri.

韓国の有力ショールーム「ルドーム」が東京に進出、対日ビジネスを拡大へ

2017.9.17.sun.

松坂屋とパルコを組み合わせ、複合施設「上野フロンティアタワー」11月開業

2017.9.14.thu.

SCEDULE


DUBAI

ARAB FASHION WEEK

2017.11.15.wed. ‐ 2017.11.19.sun.