2017.6.17.sat.

仏コルベール委員会が東京藝術大学の学生を支援、アート作品を一般公開

 仏コルベール委員会は、東京藝術大学の学生50人に作品制作機会を提供し、展覧会「2074、夢の世界」を25日まで一般公開している。東京・上野の東京藝術大学・大学美術館を会場に、意欲的な現代アート作品を展示。同展覧会は、文化発信とアーティストの育成を目指すというプロジェクトで、50人の中から優秀作を選定し、2017年10月にパリで開催する国際コンテンポラリーアートフェア「FIAC」に出展する。16日夜には3組の優秀作を選出した。

 コルベール委員会のギヨーム・ドゥ・セーヌ=チェアマンは、「このプロジェクトは日本だけで展開している。仏ラグジュアリーブランドは芸術と深い関係性があり、日本市場との関係も深い。また日本人は歴史や伝統をリスペクトし、テクノロジーなど未来への視点も持ち合わせている」と開催の意義を語った。また、東京藝術大学の日比野克彦・美術学部長は「50人もの学生を支援するのは稀な試み。記者会見や展示方法など、社会に対してきちんと伝えていく姿勢もフランス的だと思った」と語る。

 同委員会は、ゲラン創業者のジャン・ジャック=ゲランの主導で創設され、現在は仏ラグジュアリーブランド81社と14の文化施設などが加盟。世界の人々にフランス流の「美しい暮らし」を伝えることを目的に活動している。今回のプロジェクトには27の加盟企業が奨学金を支援。バカラ、ボンポワン、カルティエ、シャネル、クリスチャン ディオール、エルメス、シャンパーニュ クリュッグ、ラコステ、ランコム、レオナール、ロンシャン、ルイ・ヴィトン、ラ・メゾン・デュ・ショコラ、ヴァン クリーフ&アーペル、ヴーヴ・クリコ ポンサルダン、パルファン・イヴ・サンローランなどが支援に名乗りを挙げた。


一般公開している作品から


「コアトル」2018-19年秋冬コレクション、表面感のある素材をスタイリッシュに表現

2018.5.23.wed.

イッセイ ミヤケ パルファムが、サマーフレグランスの販売を記念したトークショーを開催

2018.5.22.tue.

社名を「ゾゾ」に変更、プライベートブランドと名称を統一

2018.5.21.mon.

バーニーズ ニューヨーク六本木店に、アンリアレイジがポップアップストアを開設

2018.5.21.mon.

SCEDULE


NEW YORK

NEW YORK FASHION WEEK

2018.9.6.thu. ‐ 2018.9.11.tue.
LONDON

LONDON FASHION WEEK

2018.9.14.fri. ‐ 2018.9.18.tue.
MILAN

MILAN FASHION WEEK

2018.9.19.wed. ‐ 2018.9.25.tue.
PARIS

PARIS FASHION WEEK

2018.9.25.tue. ‐ 2018.10.2.tue.
TOKYO

AMAZON FASHION WEEK TOKYO

2018.10.15.mon. ‐ 2018.10.21.sun.
TAIPEI

Taipei in style

2018.11.8.thu. ‐ 2018.11.11.sun.