2017.8.9.wed.

森川拓野「ターク」デザイナーが海外展で手応え、取引先も拡大基調

 森川拓野「ターク」(TAAKK)デザイナーは、パリ、ニューヨークで展示会を行い、海外進出に手応えを感じている。欧米のセレクトショップとの取引も決まり、今後も海外展示会を継続する考え。同氏は、デザイナーの海外進出支援事業「TOKYO FASHION AWARD」を受賞し、パリのショールームに参加した。「自立を含めて、今後の方針をしっかり固めたい。テイストに合う訴求方法も模索している」(森川デザイナー)と語る。

 同ブランドは、2017-18年秋冬シーズンのランウェイショーを「アマゾン ファッション ウィーク東京」の公式スケジュールで開催。バイヤーの知名度もアップしたことで、現在は20件以上の卸先を有し、ユナイテッドアローズといった有力セレクトショップとの取引が増えている。さらに、スパングルを採用したギミックなクリエイションやオリジナル素材&ジャカード織りを駆使したカジュアルアイテムを提案し、海外でも評価を得た。

 独自素材を使ったコート類は10万円以下でプライスを設定し、価格競争力にも優れている。森川デザイナーは「素材やディテールはオリジナルで展開しているが、あくまで日常で着てほしい」という。森川デザイナーは、文化服装学院を卒業後、イッセイミヤケに入社。その後「イッセイ ミヤケ」(ISSEY MIYAKE)、「イッセイ ミヤケ メン」(ISSEY MIYAKE MEN)の企画デザインなどを担当していた。12年に自身のブランド「ターク」をスタートさせている。



「ターク」2018年春夏コレクション


仏「ラコステ」の新クリエイティブ・ディレクターにルイーズ・トロッター

2018.10.8.mon.

仏ブランド「モンブラン」が、設立25周年を迎えた「A BATHING APE」とコラボ

2018.9.29.sat.

「アツシ ナカシマ」とテーラーの「レ・ミューズ」が協業、ミラノで作品を披露

2018.9.24.mon.

ギャップが「ららぽーと名古屋みなとアクルス」に出店、フルラインを展開

2018.9.23.sun.

SCEDULE