2018.1.12.fri.

ファッションコンテスト「ウールマーク・プライズ」の受賞者が「ピッティ」に登場

 ザ・ウールマーク・カンパニーは9日、フィレンツェで開催されている「ピッティ・イマージネ・ウオモ」期間中の特別イベントとして、ファッションコンテスト「インターナショナル・ウールマーク・プライズ」の受賞者を発表した。メンズウエア部門は「MATTHEW MILLER」(マシュー・ミラー)、ウィメンズウエア部門は「Bodice」(ボディス)がそれぞれ優勝。また、今回が初となるイノベーション部門は「DYNE」(ダイン)が受賞している。

 メンズ部門で優勝したマシュー・ミラーは「受賞に驚いている。過去に受賞したデザイナーと肩を並べることができるなんて、本当にすごいこと」とコメント。ウィメンズ部門の「ボディス」デザイナー、Ruchika Sachdeva(ルチカ・サチデヴァ)は「現在の取り組みを発展させ、継続していくための大きなチャンス」と語った。

 審査を務めたイタリア版「VOGUE」編集長のエマニュエレ・ファルネティは、マシュー・ミラーのバランスのとれたコレクションを高評価。「街中で男性が着ることのできる、イノベーションと実用化、価格の組み合わせがすばらしい」とした。さらにデザイナーのフィリップ・リムは、ボディスについて「実によく考えられている。原料や染料、塗布まで、彼女のコレクションは現代女性を実に表現している」と分析。各優勝者は、業界のメンターサポートに加え、素材調達やマーケティング支援金として20万豪ドル(約1680万円)が授与される。ウールマーク・プライズが提携する小売店を通じて自身のコレクションを販売することも可能だ。

左から「Bodice」のRuchika Sachdeva、「DYNE」のChristoper Bevans、「Matthew Miller」のMatthew Miller


仏「ラコステ」の新クリエイティブ・ディレクターにルイーズ・トロッター

2018.10.8.mon.

仏ブランド「モンブラン」が、設立25周年を迎えた「A BATHING APE」とコラボ

2018.9.29.sat.

「アツシ ナカシマ」とテーラーの「レ・ミューズ」が協業、ミラノで作品を披露

2018.9.24.mon.

ギャップが「ららぽーと名古屋みなとアクルス」に出店、フルラインを展開

2018.9.23.sun.

SCEDULE


TAIPEI

Taipei in style

2018.11.8.thu. ‐ 2018.11.11.sun.