2018.2.14.wed.

三陽商会 17年12月期、赤字幅が大幅に縮小 黒字化へメド

 三陽商会は14日、2017年12月期の連結決算を発表した。売上高は前期比7.5%減の625億円で、最終損益が10億円の赤字(前期は113億円の赤字)になった。赤字幅は大幅に縮小し、経常損益は19億円の赤字(同81億円の赤字)、営業損益は19億円の赤字(同84億円の赤字)だった。同社の岩田功社長は「黒字化にメドがついた。成長施策も実行していきたい」と語った。

 英ブランド「バーバリー」との契約終了に伴う収益減に苦しんでいたが、今期から直営店の出店強化やEC専用ブランドを投入するなど、新規ユーザーの開拓に本腰を入れる。さらに同日、家具やインテリアの企画・製造、ネット通販を手掛けるベガコーポレーションと業務提携した。三陽商会では、ライセンス供与やライフスタイル型ストアを立ち上げる考え。今後、ベガ社の越境通販サイト「ドコデモ」で三陽商会の商品を並べる。ベガ社の通販サイト「ドコデモ」は、日本ブランドの食品や雑貨などを取り扱い、約80カ国に配送している。三陽商会の18年12月期は純利益が25億円、売上高が前期比0.7%増の630億円、経常利益1億円、営業利益5000万円を見込む。

三陽商会の岩田功社長


仏「ラコステ」の新クリエイティブ・ディレクターにルイーズ・トロッター

2018.10.8.mon.

仏ブランド「モンブラン」が、設立25周年を迎えた「A BATHING APE」とコラボ

2018.9.29.sat.

「アツシ ナカシマ」とテーラーの「レ・ミューズ」が協業、ミラノで作品を披露

2018.9.24.mon.

ギャップが「ららぽーと名古屋みなとアクルス」に出店、フルラインを展開

2018.9.23.sun.

SCEDULE


TAIPEI

Taipei in style

2018.11.8.thu. ‐ 2018.11.11.sun.