2018.3.14.wed.

好調ブランド「ルプコ」が海外販路を開拓へ 国内の取引先は60店舗に拡大

 ウィメンズブランド「ルプコ」(RPKO)は、国内の取引先が軌道に乗ったことで、今後は海外の販路を強化する。現在、取引先アカウントは15件以上・店舗数は60店舗まで拡大し、ドレープやプリーツを生かした立体的なドレスに支持が集まっている。同ブランドの中川美智子デザイナーは「香港に取引先(3件)があるものの、海外の店舗はまだ少ない。ショールームなどを通じ、アジアの有力店などに展開したい」としている。

 同ブランドは2014年に創業。ブランド名の「ルプコ」は、ロシア語で 「明るみ」「鮮烈」を意味する。アイテムは力強いディテールやプリントを採用する一方、暖かみのあるテキスタイルやフォルムを構成し、独特のバランスを提案。国内の有力店では、キャリア層を軸にリピーターが増えているという。「具体策は決まっていないが、海外市場にも目を向けたい。ショールームや合同展などで可能性を探っていきたい」(中川デザイナー)。

 18-19年秋冬シーズンは計25型を制作。繊細なカットジャカードを採用したドレスやノスタルジックな雰囲気のウールコート、袖部分にラッフルを重ねたブラウスなどが特徴になっている。さらに、マスタードやボルドー系の深い色彩が並ぶ。価格はアウター5万円台〜6万円台、ボトムス2万円台後半〜3万円台など。その殆どをオリジナル素材で対応、生産は国内で行っている。





「ルプコ」2018-19年秋冬コレクション


仏「ラコステ」の新クリエイティブ・ディレクターにルイーズ・トロッター

2018.10.8.mon.

仏ブランド「モンブラン」が、設立25周年を迎えた「A BATHING APE」とコラボ

2018.9.29.sat.

「アツシ ナカシマ」とテーラーの「レ・ミューズ」が協業、ミラノで作品を披露

2018.9.24.mon.

ギャップが「ららぽーと名古屋みなとアクルス」に出店、フルラインを展開

2018.9.23.sun.

SCEDULE